読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユタニタユタニ

沼より海

「ガムシャラ!サマーステーション」VS公演順位を予想する

昨年に引き続き開催されるガムシャラ夏公演。

昨年は4チームのリーグ戦の結果で優勝を決めましたが、今年は5チームによる予選リーグ上位3組が決勝に進出とルールが変わりました。

私なりの見どころと予想を書いていきます。あくまで個人の感想ですよ~

 

<我>ショーバスケット

昨年のフリースタイルバスケとの違いは何度説明を聞いてもよくわかりませんw

メンバーはジェシー、増田くん、半澤くんが残留、樹が羅から移籍、美勇人が初参加となります。残留組はもちろん、樹はバスケ経験者っぽいし、美勇人も運動神経良さそうなので盤石な印象。その上、平均身長180.1cmがトランポリンを使ってダンクとかするんですから、絶対舞台映えします。

また、練習風景を見たら、昨年の優勝経験者・樹が結構意見を言って引っ張っているようなので、いい補強をしたなという気がします。

 

<武>フリースタイルダンス

昨年はブレイクダンスと限定していましたが、今年はフリーに何でもありってことですね(わかってない)

メンバーは岩橋くん、颯くん、蓮音くんが残留、岸くん、琳寧くんが初参加です。初参加組もダンスやアクロバットは得意そうですし、年代も近いのでチームワークも良さそう。

問題は、他のチームも音楽に合わせて様々なパフォーマンスをするので、ダンスの要素も入ってくるであろうこと。そんななか、ダンスだけというのはインパクトに欠けるのかなという気がします。それに、ダンスってジャニーズの本業でしょ? という固定概念が無意識にハードルを上げてしまいそう。

ダンスはできて当たり前、その上で、アクロが苦手な岩橋・岸がどれくらい仕上げられるかがポイントでしょうか。

 

<者>ファンカッション

昨年に引き続きのファンカッション。

メンバーは、神宮寺くん、田島くんが残留、松田くんが武から移籍、萩谷くん、羽生田くんが初参加。

昨年はほぼ固定したドラムを叩いていましたが、今年はマーチングバンドのようにドラムを提げて動きを取り入れたパフォーマンスをするようですね。映画「ドラムライン*1みたいなの期待していいですか?(ハードル上げすぎ) また、ドラム経験者・萩谷くんの演奏も楽しみです。

他がスポーツや体を動かす要素が多いなか、楽器演奏という文化系パフォーマンスがどう映るかが鍵になりそう。ドラムが重くて体力奪われる割に、動きが制約されて地味になりそうなのが不憫。

また、昨年はスティックを投げてバケツで受ける、という技がハイライトだったのですが、そんなに派手でないのとあまり成功率が良くなかったので、もっと驚くような大技があると印象が上がるかも。

それにしても紅白やジャニワにも取り入れたくらい事務所(社長個人?)が推しているパフォーマンスのようなので、力は入っていると思われます。

 

<羅>ダブルダッチ

昨年の優勝チーム。

松村くん、森本くんが残留、嶺亜くんが者から移籍、高地くん、カウアンが新加入です。

昨年のチームワークとパフォーマンスが圧巻だったので、メンバーが半数以上変更されたのは大きいですね。個性の強いメンバーが多いみたいで、まとめるのにも苦労しているようですし。でもいちばん心配なのは、そんななか黙々と無表情でロープを回し続けていた嶺亜くんの精神状態じゃない!? 猛獣の檻に入れられた子猫みたいだったよw

ダブルダッチはロープが止まったら失敗、とわかりやすい分、逆にひとつひとつ技をクリアしていくごとにどんどんボルテージが上がっていって、パーフェクトが出た瞬間の観客と演者の一体感は圧倒的だったので、今年もとにかく完成度を上げることが連覇への鍵でしょう。

そんな“勝ち方”を知っている樹がライバルチームに移籍したことが、もしかしたら最大のポイントになるかも知れません。

 

<覇>インラインスケート

今年新設のチーム。

昨年は者だった瑞稀くん以外、安井くん、顕嵐くん、宮近くん、橋本涼くんが初参加。

安井くん以外は仕事でローラースケート経験者とのことですが、確か、光GENJIとかも敢えてインラインではなくローラースケートだったと聞いた気がして、全然違うものみたいなのですが、どうなんでしょう?

「ガムシャラ」での練習風景を見ても、他のチームは技の習得などに取り掛かっているのに、このチームはまだ基礎練習ばかりで、全貌が見えてきません。

心配なのは、スケートの技って足元でちょこちょこするイメージなのですが、あの会場、スタンディングの後ろの方だと舞台の下の方は全然見えないんですよね。いや、下の方どころか、安井くんとか全然見えないんですよ! 宮近も瑞稀もはしもっちゃんも見えないよ!

モニターに映してくれると信じていますが、せっかくあの狭い会場で生でパフォーマンスするのに、モニター越しじゃないと伝わらないというのは……。

でも、国民のリーダー*2こと安井くんが、強引に引っ張っていくのではなく、目線を下げて壁を取っ払ってまとめているチームワークが抜群と思われるのと、とにかく前例がないので何が起こるかわからないのが覇の強みか。

 

決勝進出予想は、

我◎ 武× 者▲ 羅○ 覇△

 恵まれた体格に派手なパフォーマンス、さらに優勝経験者のアイディアが合わされば我が強そうだなと思います。

羅もアクロバットなど大技を取り入れやすいので、精度が上がれば目を引くパフォーマンスになりそうです。

者は前述の通り、唯一楽器を使うのがハマれば脅威という気がします。

覇はとにかく何をするのか、どう見せるのかがまったく未知数なので、予想が難しいです。

武は、やっぱりダンスは不利だと思うんですよ。昨年同様観客が審査するとしたら、記憶にあるいわゆる舞台班なんかの超絶うまいダンスと比較してしまい、票が取りにくいと思うんですよね。武がダンス超絶うまかったらごめんなさい! しがない素人の予想ですから!

 

ちなみに私は我、者、覇のパフォーマンスしか観られません。残念。

 

唐突ですが、もしまたこういう企画があるとしたら、こういうアカペラをやってほしい~

youtu.be

  

youtu.be

ていうか、歌のうまい子選抜メンバーで単純にアカペラやってほしい……

 

去年の感想はこちら。

tayutani.hatenablog.com

*1:ドラムライン 予告編 -Drumline- - YouTube

*2:国民の彼氏に対抗して私が勝手に呼ぶことにした