読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユタニタユタニ

沼じゃなくて海

「ガムシャラ!サマーステーション」我VS覇 2015/8/13昼

コンサート ジャニーズJr.

例のごとく、安井くん中心の感想です。

これが私にとって最後のガムシャラなので心底楽しもうと思って行ったのですが、のっけから心配なことがありすぎで、終始もやもやした気持ちで観ることになってしまいました。

 

楽器はギターが高橋凛くんに変更。楽器できる人結構いるんやね。

 

チーム覇登場。安井くん、ジャケットを肩にかけている。今まではアンコールはそうやって出てきていたけど、最初は袖を通していたはず。とにかく動かないし踊らない。左手首にテーピング。ジャケット着られないほど腕か肩を怪我しているのか? でもあとの衣装もジャケットあるけどどうすんだ? ここで1つ目のもやもや。

 

そしてもう1つが耳元でキラキラしてるの。え? 今さらピアス???

 (今時、ピアスくらいで不良だとか言うつもりはないのですが、個人的にJr.のピアスはあまりいいものではないと思っています。時代劇とか戦前の話のドラマとかのチャンスを自ら潰しているわけですから。諸先輩がピアスでもそういう仕事をやってきたから大丈夫という判断なのかもしれませんが、それは知名度ありきなわけで。そうやって自ら道を狭めても、そこからのし上がっていけるという気概があってのことなのかと問いたいわけですよ……)

 とまあ長くなりましたが、とにかくピアスはやめてくれよ……と、もやもやというか、萎えた気持ちになりました。

 

橋本くん、前髪をピンで上げていてかわいかったです。チームで並んで立つとき、安井くんと顕嵐におでこペシペシされていました。

 

Cha-Cha-Chaチャンピオン」以前はチームごとにバルコニーに広がっていたのですが(リーダーはいちばん舞台寄りで。者覇公演の時は神宮寺くんと安井くんアイコンタクトしながら無駄に大きく踊っててかわいかった)、全員バルコニーに固まって歌う形に。ここでも安井くん全然踊らず。我はランニングマン、覇は「Choo Choo TRAIN」のぐるぐるするダンス(名称不明)をやり合っていました。このとき見えたのですが、安井くん、左の二の腕にシルバーのタトゥーシールを貼っていました。

 

Sexy Zone」セリフは松島くん「何見てんだよ、キスしちゃうぞ」

 

「One Love」安井くん、普通に踊っていました。

歌いながら安井くんが顕嵐と宮近の方に行くくだりは、顕嵐は安井くんの肩に頭を乗せる(肩ズン?)、宮近は背中合わせで立って手をつなぐ。

 

松島くんソロの「パレード」。最初に松島くんの写真がモニタに出ていたのですが、今回は樹とのツーショット。樹の誕生日のとき?

 

「スキすぎて」顕嵐が舞台中央に出てきてめっちゃ煽る。クールなイメージだったから意外だった。

セリフの最後の2人は樹と顕嵐。

樹「(腕を広げて)田中のここ空いてますよ」

顕嵐「(樹の腕の間に入って)田中のここ埋めますよ」

 

聡マリのMC。松島くんが、お偉いさんが来たときの勝利くんの物真似。というか、松島くんの口から「お偉いさん」なんて言葉聞きとうなかった……。

 

真田くん登場。

真田「さなじいでーす」

“さなじい”はオフィシャルなのね。そしてマリウス、真田くんより大きいんだね……。

 

マリ「(真田を指して)内くんに似てない?」

真田「『えーっ』て聞こえてくると地味に傷つく(から言わないで)」

人は純粋ゆえに傷つける……。

 

対決。

覇のインラインスケート

瑞稀バク転(凄い! 私が最後に見た時まではしてなかったよね?)。

かがんで滑ってくる人を反対側から跳び越えるという技が、今までは1人対1人だったのを、2人連続で跳んでいました。これは新技らしい。

さらに今回初めて、最後のバンクを使ったジャンプを全員連続で跳ぶ。成功! 最後に滑った安井くんがいちばん高く跳んでた(気がする)。かっこよかった(気がする)。

 

我のショーバスケット。

ダンク1本失敗。

 

対決終了。

真田「(5人連続のジャンプについて)失敗したらどうなるの?」

安井「しぬ。しぬ(ひらがな)」

 

ジャッジ。

千田くん、普通にボールを入れる。するとシャルフが覇のパフォーマンスで使う旗をマントに見立ててひらひらして、千田くん手を牛の角のようにして突っ込む。

……毎回よく考えるね。

 

観客票は覇114-115我。Jr,票が覇12(6人)-14(7人)我。

結果、126-129で我の勝利!

 

勝った我。

樹「半澤がダンク外して泣きそうだった」

半澤「安心した~」

 

真田くんがこの2チームはライバル、というようなことを言うと、

森田「みんなライバル」

樹「さなじいもライバルだと思ってる。1対10みたいなとこある」

 

安井「宮ちゃんとしゃべってたんだけど、今の俺らスポッチャ行ったらめっちゃモテる」

宮近「スポジュ。スポッチャジュニア」

 

安井「(我みたいに)ダンクやってみたい」

樹「身長制限あるんで(ニヤニヤ」

身長でいじられる安井くんかわいい。かわいすぎる。

「トランポリン使えばできる」みたいなことぐじぐじ言ってる安井くんますますかわいい。

 

それからサマーランドに行った話(安井樹森田半澤風磨岸優?)。

このくだり、その場にいなかった人は話に参加できないし、固有名詞頼りで安易な内輪受けに走っている感じがして、個人的にはあまり好きじゃないです。

 

我の「きらめきの彼方へ」♪涙を拭いて……でジェシー、ティッシュで涙を拭く。それを受けとった樹、美勇人の汗を拭き、自分の鼻に入れる。ジェシーは「ティッシュ! ティッシュ!」とコール。自由か。

 

覇のメドレー。安井くん普通に踊っているが、「Summer上々!!」で橋本くんと瑞稀を安井くんと顕嵐で抱っこするところは抱っこせず、両手をつないでぐるぐる回ってた。顕嵐は抱っこしてた。

例の耳元のキラキラが、耳の後ろに貼ったタトゥーシールだと判明。紛らわしいことやめてくれよ……。

 

真田くん「LOVE YOU ONLY」。

森田ベース、増田ギター、石田キーボード、私の席からは見えなかったけどたぶん福本くんがドラム。

真田「毎年この時期は夏フェス行ってるんですけど、今年は行けてないので、そんな想いを胸に歌います!」

森田「私情はさみすぎじゃない!?」

この美勇人のツッコミが、間も言い方も完璧だった!

 

夜空ノムコウ」サビでペンライトを左右に振るところで、ジェシーがマイクを振ってペンライトを口にというこの前宮近がやってたボケを。

 

エンディング。安井くんやっぱり動かない。バルコニーのファンサもゆっくり歩いて、軽くお手振り。もはや大御所の佇まい。……もしかして安井くんは大御所なのか? という新たな可能性。

 

アンコール。全員テレ朝のTシャツで、安井くんのは襟ぐり大きめなので、背中に貼ってあるテーピングが見えました。やっぱり怪我してたね……。

 

最後に真相がわかったけど、いっそ先に言ってほしかった。チームのパフォーマンスでは手を抜かなくて、余計に心配になったから。

 

まだ公演は続きますが、悔いの残らないパフォーマンスで、笑顔でゴールを迎えられますように。