ユタニタユタニ

沼より海

【ネタバレ】「ABC座2015」2015/10/17(土)昼

ざっくりとした感想です! ネタバレしますよ!

 

スクリーンに20世紀FOXのオープニングのようなマークが映し出される。

(こんなの前からあったっけ……?)と思っていると、いきなり幕が開いて本物のA.B.C-Zが出てくるからびっくりした! 心の準備!

 

で、本編が始まります。

まずはJr.の小芝居から。今回はJr.がよく出てくるというか、普段の日生のバックに比べるとセリフが多い気がする。原くん演技うまいね。人数が少ないのも少数精鋭感ある。ネコ耳とオタ芸最高。

 

演出は錦織さんらしくテンポがいい。

セリフのところどころでボケているんだけど、ツッコまずにそのまま流しているのも多くて、伝わっているのか心配になったり。

 

60年代風の音楽を演奏している現代のバンドが、60年代にタイムスリップする話なんですけど、個人的にそのころの音楽とか好きなので単純に楽しい。

 

まあなんやかんやあって、現代に戻ってきてまるっと収まるんですけど(略しすぎ)、ここで最大の疑問が。

 

どうやって現代に戻ってきたんだよ。

 

劇中、タイムマシンで来たわけじゃないから簡単に戻れない、とか言ってたのに。

ネコのあれは、死者を蘇らせただけじゃないのか?

スマホのくだりも、現代に戻ったときの伏線だと思っていたのにほったらかしだし。

 

ジャニワのときの疑問と一緒で、簡単に戻れないようなところに行ってしまい、そこからどうやって元の世界に戻るかが物語の核なのに、気づいたらあっさり戻っているっていう、な。

タイムスリップものは、特にそれがメインのはずなのに……。

回収できないなら、いっそ夢オチの方がマシですよ。

 

あと、ああやって忠義を尽くすのは、ネコよりイヌの方がしっくり来るんじゃ。

 

最後の最後にやっぱりジャニ舞台理解できない……と頭抱えながら第一部終了。

スクリーンに「INTERMISSION」の文字。最初のと合わせて、これも錦織さんの趣味かなあ? 昔の映画はこうやって休憩挟んだんですよ(私その時代の人じゃないけど)。

 

第二部はショータイム。とにかく「舞台から一度もハケない」が売りらしい。

なので、舞台上で早替えを次々とする。黒いマントを羽織ったJr.が出てきて見えないようにうまく隠しながら。結構仕組みがわからなくて、いちいちびっくりしていました。こういうエンターテインメント性がA.B.C-Zの強みって感じる。

 

MCでは河合くんが「トイレに行きたいけど、ハケるとジャニーさんに怒られる」と言い出す。ここで原くん目黒くんが飲み物を持ってくるのですが、原くんが「できる後輩の原が河合くんのために持ってきました!」と小さい小さいビニール袋を差し出す。

しばらくこの話題が続くと、アイドルなんだからと話を止めた橋本くんが超アイドル。しゃべってたのはほぼ河合くんと塚田くんだったと思うけどw

そしたら河合くんが「俺のことアイドルだと認めてくれるの?」みたいなことを言い出して、塚田くんが「スタイルの悪いアイドル!(アイドルには色んなタイプがあって、河合はスタイルの悪いアイドルの意味)」と何の悪気もなく無邪気に連呼して、塚田くんマジ塚田って思った。

 

見学に来ていたTravis Japanの仲田くん吉澤くんと少し会話。

ドラマ「お兄ちゃん、ガチャ」で一緒にお兄ちゃんズだったと原くんから紹介されると、河合くんが深澤お兄ちゃんの話を。ていうか後輩のドラマ見てたんかい。

 

河合くんが「ナカタ」と呼ぶと、仲田「“ダ”です!!!」

“ナカダ”なんですね……私も知らなかったよ……。

そしたら河合くんが「フカサワとフカザワとか、こっちはどうでもいいのに」みたいな話に。

 

ダメ出しする訳じゃないけど、最近個人のメディア露出が増えてきて、A.B.C-Zしか知らないっていう新しいお客さんもいただろうに、出演していない人の話するのもなあ。ほとんどの人は知ってるだろうからまあウケるけど、そのせいで余計疎外感を持ちそう。ダメ出しする訳じゃないけどさあ()。

 

最後は新技でしょうか? ぶら下がってぐるぐる回るの!

あったよね三角錐がぐるぐる回る遊具って調べたら「回旋塔」というらしい。危険だからって撤去されているんですよね。

公演の度に新しい回り方を開発しなくていいよ……と思うのですが。要る?