ユタニタユタニ

沼より海

【ネタバレ】宝塚歌劇 星組東京国際フォーラム公演 マサラ・ミュージカル「オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-」 2017/1/8 15:00 感想

kageki.hankyu.co.jp

日本でも公開されたインド映画「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」の宝塚版! 

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[Blu-ray]
 

 

予習として映画のDVDを観ました。上映時間が2時間50分ほどあるのは覚悟していましたが、話が長くて回りくどいなーと感じる場面もありました。でも音楽がキャッチーだし、主演女優が超超超かわいい! そして「ハッピーエンドじゃないとエンドじゃない」という劇中のセリフの通り、後味のいいラストで楽しめました。

 

さて、宝塚版です。

上演時間は第一幕が1時間10分、第2幕が1時間(休憩25分)なので、40分くらい短縮されています。でもほぼほぼ映画通りだし、映画の決め台詞はしっかりそのままなので、(これ映画で観たやつー)って楽しめました。一方、キャラクターの設定を変えたり、シーン丸ごと飛ばしたりして、冗長な部分やとっちらかった部分を締めていてよかったです。

映画前半に出てくる「名字を変える」というくだりを、「かっこいい芸名を付ける」くらいの感覚で観ていたのですが、宝塚版でははっきりと「親が有名じゃないと子供は有名になれない」という風に表現していてすごく分かりやすかった。インドは階級社会ですからね、なるほど。映画版では結構残酷な表現があるのですが(インド映画あるある)、そこが全部なくなっていてさすが清く正しく美しく。敵役ムケーシュにもちゃんと見せ場のシーンがあるし、映画をちゃんと踏まえつつ、宝塚テイストにうまく改変していると思いました。

 

ところで星組初見だし全然予備知識なくて申し訳ないのですが、娘役トップの綺咲愛里さんかわいすぎませんか!?!?!?!?

宝塚メイクのポスター画像を見ていたときは気づかなかったのですが、パンフレットの稽古場の写真を見て、かかかかかかわいいいいいいい!!!!! ってびっくりしまして。

舞台ももちろんあのメイクなのですが、やっぱり土台がかわいいよ! と興奮しっぱなしでした。新しい双眼鏡のお陰で非常に視界良好だったので、出ているときはずーっとお顔を見ていました。眼福眼福。

二役の演じ分けもメリハリがあってよかったです。

 

以下、若干大きいネタバレ。

 

映画の脚本上の穴だから宝塚は全然悪くないんですけど、オームは輪廻転生していますが、シャンティと瓜二つの女性が現れるのが単なる偶然なのがなあ。シャンティはあのとき妊娠していたし、何か因縁があればさらにおもしろいのにって思いました。

f:id:tayutani:20170110005303p:plain