ユタニタユタニ

沼より海

デビューグループのイメージ(主観)

先日A.B.C-Zのラジオ「A.B.C-Z Go! Go! 5」(毎週土曜日12:30、NACK5)で、「A.B.C-ZKAT-TUNのファン」というリスナーからのメールに対し、メンバーが「その2組が好きって珍しい」とコメントしていて、(え? 私もですけど?)と戸惑ったので、各グループのイメージを整理してみようと思いました。あくまで主観なので、「違うよー」というご意見もあると思いますが無視します。

 

分類の項目は、「スタイリッシュ/キテレツ」「キラキラ/ガツガツ」です。

 

「スタイリッシュ」は主に楽曲や衣装のイメージです。

「キテレツ」というのは、言い換えれば「ジャニーイズム」、ジャニーさんの世界観です。

その概念はしばしば「トンチキ」という言葉で表されていますが、「トンチキ」の意味を調べると、

 

とん‐ちき【頓痴気】

《「ちき」は接尾語。「頓痴気」は当て字》とんま。まぬけ。人をからかい、ののしっていう語。「またへまをしたな、この頓痴気め」

 

なんか違う。

 

きてれつ

[形動][文][ナリ]非常に風変わりであるさま。多く「奇妙きてれつ」の形で用いる。「奇妙きてれつな格好」

[補説]「奇天烈」とも書く。

 

こっちの方がしっくりくる。

なので、今回は「キテレツ」を使用します。

 

「キラキラ」は「アイドルっぽい、ベールに包まれた感じ」です。一方「ガツガツ」は「アイドルっぽくない、売れたいとかすぐ言う、他のグループへの嫉妬を隠さない、芸人さんとかからいじられる、一般の人からもいじられる、自虐する」などのイメージです。

  

f:id:tayutani:20170218142015p:plain

 

 「キラキラ×スタイリッシュ」ゾーンは、先に言いますが私があまりよく知らないグループです。だから“ベールに包まれてる感”です。大型音楽番組で見るくらいなのですが、(かっこいい安定のジャニーズだわ~、脱退とか充電とかしなさそう~、こういうグループのファンは幸せなんだろうなあ~)と思います。はてなブログでよく見る「突然ジャニーズ沼にはまりました♡趣味はコスメ集めです♡」みたいな方におすすめの安心安全ゾーン。まあ、存続していたらここにいそうなグループが最近解散したのでアテになりませんが。

 

「キラキラ×キテレツ」ゾーンは、“ジャニーさんの箱庭”。食いつきにくいけど、最高に滋味が深い世界。

 

TOKIOは特にガツガツはしていませんが、本業がアイドルではなく農家だと思われているのでこちら側にしました。また、超かっこいいおじさんたちなので最下段でもよかったのですが、真冬に野外からの中継でも袖がなかった*1のでひとつトンチキ寄りにしました。

KAT-TUNは、以前はもっと右側だったと思うのですがすっかり変わったね~。ガツガツというよりギリギリでいつも生きている。NEWSもだいぶこっち来た。こんなに自虐するグループになるとは、手越が国民的いじられキャラになるとは思わなかった。エイトは逆に段々アイドルっぽくなってる。衣装に裏地がない時代からここまで上り詰めた。You&J深い。

「ガツガツ×スタイリッシュ」ゾーンは脱退や活動休止したり、女性関係あんまり隠さないゾーンでもあるので、平気な人だけどうぞゾーンです。例外的に中丸くんは安定安心安全です!

 

ジャニーズWESTはまだよく分からないので、ニュートラルなところに置いてみました。)

 

そして本題のKAT-TUNA.B.C-Zは、いちばん左側の対称に位置する2組となりました。ある意味全然違うし、ある意味似ている。だから、この2組を好きなのは珍しくもあり、当然でもあるのです。

 

A.B.C-Zはガツガツキテレツグループなのに、真逆の少年隊のエッセンスを感じさせるのもおもしろい。なにかきっかけがあれば一気に正真正銘の安定キラキラグループになるんだろうなあと感じさせてくれるから気になってしまうのだと思います。

 

また別の対称的な存在、Sexy ZoneA.B.C-Z

えびがデビューしたとき、私は(またセクゾみたいなグループが出てきたな)と思いました。なぜなら衣装がキラキラしていたから。でも、えびはたとえ衣装に裏地があっても、決して現状に満足していないしそれを隠さないと気づいたとき、俄然興味が湧きました。えびを受け入れると自然とセクゾに対するハードルも下がる。この2組を知るにはジャニーさん演出の舞台が欠かせないので、どんどんジャニーイズムに侵されていく←イマココ。

洗脳おそろしい!

この2組を代表する中島健人さんと戸塚祥太さん。

中島さんは本当にキテレツだと思います(褒めてる)。「anan」なんかで連載持っちゃって、キテレツが世間にバレて大丈夫なんだろうか。

一方、戸塚さんは敢えてトンチキであると言いたい。戸塚祥太には「痴」という漢字が似合うから。

 

とりとめがなくなってきたので強引に終わりますが、私はかつんとえびが好きという話でした。

*1:2016/12/31「第67回NHK紅白歌合戦